音楽監督紹介

藤井 宏樹

藤井 宏樹 ふじい ひろき

合唱指揮者

山梨県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。声楽を畑中良輔氏に、指揮を黒岩英臣氏に師事。
現在、全12団体(アカシアコーラス、合唱団ゆうか、樹の会ユースクワイア~奏(かなみ)~、クール オルタンシア、女声アンサンブルJuri、女声合唱あやのね、Sonus Anima、Nekko Male Choir、はるか、明治薬科大学合唱団、山梨大学合唱団、横浜市立大学混声合唱団)を有する《樹の会》、Ensemble PVDの音楽監督を務める。
全日本合唱コンクールでは合唱団ゆうか、女声アンサンブルJuri、山梨大学合唱団を率いて12回の金賞を受賞するほか、スペイン・トロサ国際合唱コンクールでは、1998年に合唱団ゆうかとともに混声合唱部門に出場し、ポリフォニー部門にて2位、フォルクローレ部門にて1位、観客賞にて2位を受賞し総合2位、2003年に女声アンサンブルJuriとともにヴォーカル・グループ部門に出場し、宗教曲部門1位、世俗曲部門1位を受賞し総合2位、2009年に合唱団ゆうかとともに混声合唱部門に出場し、ポリフォニー部門にて2位、フォルクローレ部門にて1位、Ensemble PVDとはヴォーカル・グループ部門に出場し、宗教曲部門・世俗曲部門ともに3位を獲得。また、1999年に女声アンサンブルJuriとともに出場したイタリア・アレッツォ国際合唱コンクールでは、等声部門において2位を受賞。
近年ではトロサ国際合唱コンクール、全日本合唱コンクール等の審査員や、各地で行われる合唱講習会の講師、現代作曲家への委嘱活動、21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」主催のTokyo Cantat等、各種コンサートの企画も積極的に行っている。
ラトビア室内合唱フェスティバル、フランスのヴェゾン・ラ・ロメーヌ合唱フェスティバル、モルバン・オータン音楽祭、イタリアのレニャーノ音楽祭など、海外に招聘される機会も多い。また東京カンマーコレーゲンをはじめ、東京交響楽団などとともに、ロ短調ミサ、メサイア、モーツァルト・レクイエム、フォーレ・レクイエム等数多くの演奏を指揮し、好評を博している。
現在、21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」代表幹事。JCDA日本合唱指揮者協会会員。